薬剤師は年収が良い点が大きな魅力である

子供の頃から人の役に立つ仕事をしたいと考えていた

子供の頃から人の役に立つ仕事をしたいと考えていた / 薬剤師になるために一生懸命頑張っていた / 薬剤師の仕事は遣り甲斐を持って働くことが出来ます

子供の頃から人の役に立つ仕事をしたいと考えていて、中でも医療関係の仕事はとても遣り甲斐のある仕事だと思ったのでそういった職種に就きたいと考えていました。
ただどのような職種が良いかあまり深く考えていなかったのですが、高校に入って色々と考えるようになり薬剤師の仕事が自分には合っていると思いました。
そこで先ずは薬学部に入ることを目標にして勉強するようになったのですが、その道のりは険しく成績がなかなか上がらずに学校の教師からは難しいのではないかと言われたりもしました。
しかしそんなことでめげていては話にならないと思い歯を食いしばって頑張ったのですが、その甲斐あって何とか薬学部に入ることができました。
自分でも合格するとは思ってなかったので本当に良かったのですが、問題はそこからで資格を取得するにはしっかりと勉強をしなければならなかったのでとても大変でした。